かれこれ20年以上愛用している7mmのアコヤ真珠バロックのロングネックレス。

カジュアルにも、クラシックにも華やかにも見せられるので、何かというと気軽に使っています。

使用頻度が高いので、大体自宅ではお皿の中に入っていて、コーディネートがちょっと寂しい時は、とりあえずポーチに忍ばせて持ち運びしておくと安心という心強いパートナーです。

 

バロックパールとはこのような自然に出来る歪んだ形のパールのことです。

最近はなかなか、このぐらいのサイズ感でバロックらしいバロックに出会えずにいましたが、久しぶりに見つかりました。

 

松屋銀座のイベントで色んな種類の真珠をご紹介したいと思い、130cmと90cmの2通りの長さで組んでみました。

オールノットの糸加工で丁寧に作ってあるので、柔らかく、自由な形で使えます。

こちらは130cmです。身に着けると本物のアコヤ真珠ならではの重量感が心地良く、満足感がありますが、じゃらじゃらと普段の装いに気軽に使ってお楽しみいただくのが良いと思います。

(7mmのアコヤ真珠バロックネックレス130cm ¥84240)

 

3連にしたり、

 

2連にしたり。

 

こちらは90cmです。

すっぽり頭から被れて使いやすいです。

(7mmのアコヤ真珠バロックネックレス90cm¥56160)

 

90cmと130cmを一緒に使っても素敵です。

 

アコヤ真珠のバロックの面白さをそのまま楽しんでいただけるシンプルなリングも作ってみました。

(k18アコヤ真珠バロックリング パールの大きさ9.5mm/9号¥27000)

色々直に見て、手に取って、好きなものに出会っていただける機会になると良いなと思っています。

 

商品のお問い合わせなどご質問は下記までメールをいただければ、お返事させていただきます。
リクエストなどもお気軽に!
info@j-pearl.co.jp 
 
*ワールドジュエリーフォーラム*

場所:松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザ

会期:8月22日(水)~28日(火)19時~20時*日曜日は19時30分まで

(会期中ジェイパール代官山はお休みになります。)

 


以前に告知しておりましたが、8月22日~28日まで松屋銀座のワールドジュエリーフォーラムに出店させていただきます。(会期中ジェパール代官山店はお休みになりますがご了承ください。)

何と2013年のクリスマス以来、約5年ぶりの松屋銀座ですので、初心に帰って楽しみたいと思っています!

 

来月に迫ってきましたので、今日からイベントに準備している商品などのご紹介をさせていただきますね。
最近、天然石のものなど多くご紹介してきましたが、パールのことを忘れる日などなく、一心同体ぐらいな気持ちでいるので、イベントで少しでも多くの方にパールの魅力を知っていただけると良いなと思っています。
ジェイパールが切っ掛けで真珠が好きになったといってくださるお客様が一人でも増えれば本望ですし、真珠と一言で言っても、様々な種類があるので、実際にご覧いただけるだけでも嬉しいです。
 
今ジェイパールで扱っている真珠の中で一番大きいものが、こちらのステラシリーズで使っている南洋真珠のピアスです。
 
南洋真珠というのは、白蝶貝というとても大きな貝の中で作られる真珠で大きな珠が出来るのが特徴です。
 
先日、以前にこのピアスをお買い求めいただいたお客様が着用してご来店くださいましたが、耳たぶから零れ落ちそうで本当に可愛いんです。
本物の南洋真珠のこの大きさのピアスを実際に持っている方は少ないと思いますが、カジュアルに着けこなしていただけるのは本当に嬉しいです。
 
別注でオーダーいただいた天然石のピアスチャームを合わせて、こなれた素敵な雰囲気です。
 
お洒落なアイディアですね!
 
南洋真珠の11ミリ以上のもので、形も照りも色合いも可愛い、品質も素晴らしいと思えるものはそんなに見つからないのですが、(価格が全然可愛くなければ探せますが…)今回松屋のイベントに2ペアご用意しました。
(ステラ南洋真珠ピアス 南洋真珠11mm/k18  ¥70200)
 
ちなみに、アコヤベビーパールの3.5~4.0mmと並べるとこのぐらいの違い。
大きい子も小さい子も愛らしいですね。
 
正面ではないところに、天然の真珠特有のエクボと呼ばれる、小さなくぼみなどが少しありますが、これも愛嬌があってなかなか良いものです。親馬鹿ですみません。
 
是非、ご自分の耳に当ててご覧になってみてくださいね。
 
 
商品のお問い合わせなどご質問は下記までメールをいただければ、お返事させていただきます。
リクエストなどもお気軽に!
info@j-pearl.co.jp 
 
*ワールドジュエリーフォーラム*

場所:松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザ

会期:8月22日(水)~28日(火)19時~20時*日曜日は19時30分まで

(会期中ジェイパール代官山はお休みになります。)


太陽光と照明の下で色が変化する神秘的な宝石アレキサンドライト。

1830年にロシアのウラル地方で発見され、皇帝アレクサンドル2世にちなんで名付けられたそうです。

繊細なミル加工を施したノワイユシリーズのリングのデザインで中央の石をアレキサンドライトでオーダーをいただきました。

 

小さくても透明感があり、カラーチェンジのはっきりした上質なアレキサンドライトをいくつか厳選しました。

写真ではなかなか伝えられませんが、希少石コレクターの方々がはまるのも納得のとても魅力的な石です。

小さな石を手に持って、室内や外の光の違う場所をウロウロしながら、カラーチェンジを確認するのですが、時間を忘れる面白さでした。

アレキサンドライトの両サイドには美しいブリリアントカットのダイヤです。

ダイヤを留めた状態まで制作をして、センターのアレキサンドライトは仮置きしながら実際にご覧いただくことにしました。

 

お客様に選ばれたアレキサンドライト。

深いフォレストグリーン。

 

夜の照明の下ではキラキラ光るすみれ色にカラーチェンジします。

とてもお似合いでした。

楽しいご依頼に触発されて、アレキサンドライトのジュエリーをいくつか作ってみたくなりました。


昨日お友達とお揃いでオーダーいただいたブレスレットのご紹介をしましたが、こちらも心が温かくなるようなお友達とご自分へのプレゼントです。

ジャルダンのシリーズのペンダントヘッドを、ご結婚されて遠方に行かれるお友達と、第2子誕生予定のご自分へのプレゼントとしてオーダーいただきました。

高校生の頃からの20年来のご友人で、一度も喧嘩をしたことがなく、姉妹の様にとても仲良く過ごされてきたそうです。

節目の時期が重なるのも何か深いご縁を感じます。

 

お揃いの優しい色合いのピンクアメジストに、ワスレナグサのモチーフと、チョウチョのモチーフ。

撮影しながら、本当に商品も仲の良い姉妹のように見えていました。

素敵な絆がずっとずっと続きますように。


西日本の豪雨で被災された方達は、厳しい日々を過ごされていることと思います。

一歩と言わず、半歩ずつでも日々前に進めるよう心からお祈りしております。

 

ブログを楽しみにしていただいている方も沢山いらっしゃって、間が空くとご心配くださる方もいるので、復活です。

このところセミオーダーのジュエリーを紹介していますが、

昨年末にフルールモチーフを全体に使ったダイヤブレスレットをお友達二人お揃いでご注文いただきました。

学生時代からの長いお友達です。

さりげない言葉のやり取りからも共に過ごした特別な月日を思わせる、親しさと、慈しみが感じられて、穏やかで落ち着いた素敵な大人の女性ですが、キラキラした少女時代が目に浮かぶようです。

今は離れた土地でお互いに暮らしていらっしゃるので、ジュエリーの打ち合わせが楽しい再会の日にもなっていらっしゃいました。

ということで、製作のプロセス自体が素敵な思い出になるようにと、ゆっくり作らせていただくことになりました。

 

最終的にダイヤを留める前の状態です。

この状態で、長さとつけやすさなどのご確認にご来店いただきました。

 

ご注文から半年を過ぎ、先月やっと完成したとても贅沢なフルールのブレスレット。

上質なダイヤを留めて、美しく出来上がりました。

 

お揃いのピアスも素敵です。

豪華ですが、ミル加工と程よい立体感で、上品なアンティークのような佇まいです。

 

とてもお似合いで、お受取りのその日にお二人揃って着用して帰られました。

私もちょっと昔の友達に会いたくなった日でした。