【セミオーダーリフォームについて】 の記事

今日は天然石を使ったリフォームをご紹介させていただきます。

 

センターにシトリンを使ったk18のリングをお預かりしました。

譲り受けられたものとのことで、凝ったデザインですがお客様のお好みのタイプではないため、使う機会がなかなかないそうです。

リフォームで古いものをお預かりすると、面白い作り方なども拝見出来て、勉強にもなりますしとても楽しいです!

ですが、身に着けられてこそのジュエリーですので、使いやすいデザインにリフォームさせていただくことに。

シトリンの形を活かしたシンプルなペンダントヘッドに作り直し、マルチカラーのサファイアを使ったサフィールシリーズのチェーンを合わせました。

シトリンの色合いと、カラーサファイアの柔らかな色合いが絶妙なニュアンスで、クラシックですが、華のある雰囲気で、スクエアなトップにサフィールの丸い形が柔らかさも添えて良い感じです。

シンプルなニットやワンピース、カジュアルやドレスアップした装いにも合わせやすい活躍するデザインだと思います。

是非、沢山ご愛用くださいね!


今日はパールリングのセミオーダーリフォームのご紹介です。

 

照りの美しい一粒のアコヤ真珠にプラチナ台のリングをお預かりしました。

しっかりした爪で上質なパールが留められた、重厚でベーシックな雰囲気です。

 

パールと脇石のダイヤを外して、

プラチナ台の地金だけお引き取りさせていただくことになりました。

 

美しいパールが映える、人気のボヌールシリーズのリングにリフォームさせていただきました。

同じパールですが、がらりと表情が変わって愛らしくなりました!

長い年月を経たと思えない、生まれたてのような美しいパールです。

 

爪で挟まないので、アコヤ真珠の丸い美しい形と、色合いがそのまま映えます。

 

大好きなパールが、また活き活きとお客様の手元で輝くことを想像して、幸福な気分で送り出しました!

 


2月になりました!

窓の外の綺麗な青空を眺めながら、良い気分で今日もセミオーダーのリフォームのご紹介です。

 

こちらはお客様がご自身でご購入されたダイヤのリングだそうです。

とても素敵なリングですが、ピンキーリングのサイズで、なかなか活躍する機会がないとのこと。

思い切ってもっと使いやすいデザインにリフォームされることになりました。

 

大きめのセンターのダイヤは、片方の耳だけにピアスの穴が開いているということで、

大人っぽい贅沢感のある大きな一粒ダイヤのプラチナのピアスに。

毎日でも着けられそうです。

 

残ったリングの腕はそのまま利用して、中心にステラの星のモチーフをあしらって、個性的でおしゃれなリングになりました。

 

お客様の雰囲気にぴったりなオリジナリティのあるデザインです。

段差をつけずにフラットに仕上げたので、引っかかったり、回ったりしずらく、ピンキーリングとして安心してご使用いただけそうです。

是非、ご愛用くださいね!


1月も終わりですね。
更新が遅れましたが、変わらず忙しく過ごしておりました!

先日今年最初の関西のイベントが終わり、次は2月27日から東京で松屋銀座のイベントを控えています。
春らしい限定商品や一点ものなども色々製作中ですので、2月中旬ぐらいからこちらでご紹介させていただく予定です。楽しみにお待ちくださいね!

それまで、しばらくご紹介をしていなかったリフォームや、オーダーの商品などご覧いただこうと思っています。

リフォームは本当に沢山のご依頼をいただくようになりました。
お預かりするものはそれぞれに、由来や思いの詰まったものですので、出来る限り想像を働かせて、心を寄せることから始めるように努めています。
世の中に高価な宝石や、珍しい素材は色々ありますが、時間や思い出など、交換の出来ないかけがえのないものを託されるので扱いには緊張もあり、喜びも沢山あります。

 

こちらはお客様がおばあ様から譲り受けたリングから取り出したダイヤです。

 

このダイヤを使って、今年成人式を迎えられたお嬢様にプレゼントされたいとのことで、

ボヌールシリーズのリングに仕立てさせていただきました。

 

裏側がリボンのモチーフになっています。

リボンは愛らしいモチーフですが、絆の意味合いがありますので、おばあ様から、お母様、そしてお嬢様への

家族の温かな結びつきが感じられて、これから先ずっとお守りになってくれそうです。

今年の成人式の日に着用いただいたとのことで、すごく可愛いお写真を拝見しましたが、

製作しながら感情移入をしていたので、私も勝手に身内のような気分で嬉しかったです!


今日は天然石を使ったセミオーダーのリフォームのご紹介をしますね。

おばあ様から譲り受けたプラチナ台にダイヤの取り巻きのクリソベリルキャッツアイとオパールのリングです。とても大切にされてきたお品です。

 

遊色効果の美しいオパールです。

クリソベリルキャッツアイもとても素敵ですね。

 

美しい貴重な宝石ですが、日常に活躍するデザインではないとのことで、セミオーダーリフォームのご相談をいただきました。

ご希望は普段にも使いやすいネックレスです。今回はメインのクリソベリルキャッツアイとオパールだけを利用することになりました。

クラシックな味わいが魅力的な石ですので、よりアンティークのような雰囲気に、ミル加工を施したノワイユのモチーフを使ってシードパールの取り巻きのデザインをご提案しました。

 

 

繊細なチェーンと、取り巻きには希少なアコヤ真珠の1.5ミリ以下のパールを使いました。

優しい印象になり、美しい宝石がより引き立って見えます。

とても気にっていただけました。

 

 

 

ゆくゆくはお嬢様に譲っていかれるとのことで、代々伝えられるジュエリーのリフォームに携われてとても光栄でした。