【セミオーダーリフォームについて】 の記事

本日も引続き、セミオーダーリフォームのご紹介です。

譲り受けたアコヤ真珠のネックレスは糸替えのご依頼がとても多いお品です。

お預かりした時は大体、この写真のように、隙間が出来ている事がほとんどです。

これは撚られている糸が劣化して、ほつれて緩んでいる状態です。

この状態で使用し続けると、何かのタイミングで切れて、珠がバラバラになってしまう可能性がありますので、糸替えが必要です。

 

糸替えの方法は大きく分けて、①糸加工 ②ワイヤー加工があります。

それぞれに特徴がありますが、ワイヤーに関しては改めるとして、今日は糸加工の説明をしますね。

 

パールネックレスの糸には、絹糸、テトロンなどの化学繊維、超強力ポリエチレンGPTが使われますが、強度が一番あるのはGPTという素材になります。ジェイパールでは特にご指定がなければGPTを使用します。

糸加工の方法にはサイドノット(一般的なプレーンな加工方法です)、もしくはオールノットという方法があります。

ノットは結び目のことですが、オールノットは珠と珠の間に結び目を一つずつ作る方法で、とてもしなやかさが出ることと、万が一切れた時でも珠がバラバラにならないという特徴があります。

大きな珠や、色々アレンジをして使うロングネックレスには特にお勧めですし、クラシックな雰囲気に見えることも個人的に大好きです。手間と時間がかかり、技術の差がとても出るので、熟練した専門の職人さんに依頼していますが、珠の大きさや穴の大きさに合わせて絶妙な加減が出来るにはやはり、口頭で伝えきれない、沢山の経験が必要です。

ただその分加工費が高くなりますし、後で長さを直したいという時も手間がかかりますので、ニーズに合わせてご検討くださいね。

 

今回は元々サイドノット加工のものでしたが、オールノットで糸替えすることになりました。

合わせて、長さも40センチの短めのチョーカーに。

 

オールノットです。珠と珠の間の結び目があります。

しなやかに仕上がりました。

 

オールノット加工で短めにしたことで余った真珠。

 

余った真珠を2珠利用して、ご注文いただいたダイヤのピアスのチャームを作りました。

 

短めのパールネックレスと、揺れるピアスをボーダーのカットソーに合わせて、とてもお洒落につけてくださいました!

是非、沢山ご愛用くださいね。


本日スマートフォンのオンラインショップのサイトをリニューアルしましたので、スマートフォンからでセミオーダーリフォームを承れるようになりました。是非、お気軽にご利用くださいね。

 

ということで、今日はパールリングのセミオーダーリフォームの例をご紹介しますね。

 

お預かりしたのは豪華なプラチナ台の大きな真珠のリングです。

こちらをシンプルなリングにリフォームご希望です。

パールが温かみのあるナチュラルなカラーでしたので、マットゴールドのシンプルな甲丸のリングでご提案しました。

シンプルなデザインほどリングの幅や、厚み、質感などで、イメージが変わりますので、ちょっとしたことが大事です。

リングの腕の幅と質感、色合いのイメージを並べてご確認いただきました。

 

こちらがリフォーム後の完成品です。

均一の幅のシンプルな腕でスタイリッシュに仕上げました。

 

温かみのある柔らかなパールの色合いに、マットゴールドがとてもマッチして、コロンとしたパールがお洒落な雰囲気だと思います。

お客様の指にとてもお似合いで素敵でした!


お問い合わせを沢山いただいていますので、今日もセミオーダーリフォームのご紹介をしますね。ご参考になりますように。

 

ご自分の持っているジュエリーのダイヤを利用してセミオーダーのリフォームをしてみたいけれど、ジェイパールのどのデザインに使えるのか分からないという方も多いと思います。

その場合は、お好きなデザインのイメージをお伝えいただいた上で、ジュエリーもしくはダイヤのルースをお預かりして、こちらからご提案をさせていただきます。

初めてで、まだ何となく検討中という場合は、画像をいただければ、大まかなご提案とお見積りも可能ですので是非お気軽に。

 

ずっと以前にもリフォームを承ったことのあるご遠方のお客様から新たにご依頼をいただきました。

前回のリフォーム時に元のジュエリーから外したダイヤが沢山あり、使い切らずに残ったものを手元にお持ちでした。

ご希望は、ローズカットダイヤハーフエタニティリングのデザインですが、ダイヤが使えるのかどうかはわからないとのことです。

 

こちらのデザインです。

お手持ちのダイヤを送っていただき、サイズで分けました。

大きさの違うものが3種類です。

 

真ん中の大きさのダイヤがご希望のリングにちょうど使えそうです。

ただ13石足りません!(こういう場合は同等の品質のダイヤをこちらでご用意させていただきます。)

 

ただせっかくなので、7石もあるもっと大きい方のダイヤを利用したいところです。

実はメールのやり取りだけで、一度もお目にかかったことのないお客様ですが、

以前のリフォームなどからお好きな雰囲気をイメージして、

ボヌールのシリーズのリングもご提案させていただきました。

以前にお買い求め頂いたものとの重ね付けや、コーディネートにも活躍出来そうです。

 

こちらが提案させていただいたデザインです。

1番大きな7石のダイヤが利用できるので、2石ダイヤを追加するだけですみます。

 

どちらも気に入られましたが、少しずつ、楽しみながらリフォームされていくことになり、今回はボヌールのデザインに決定しました。

よりお客様のお好みに近づくよう、裏をシンプルなラインのみに修正しました。

 

 

アンティークのような雰囲気で、繊細さと豪華さのあるリングに仕上がりました!

 

是非、末永くご愛用くださいね。


今日は天然石を使ったセミオーダーのリフォームのご紹介をしますね。

おばあ様から譲り受けたプラチナ台にダイヤの取り巻きのクリソベリルキャッツアイとオパールのリングです。とても大切にされてきたお品です。

 

遊色効果の美しいオパールです。

クリソベリルキャッツアイもとても素敵ですね。

 

美しい貴重な宝石ですが、日常に活躍するデザインではないとのことで、セミオーダーリフォームのご相談をいただきました。

ご希望は普段にも使いやすいネックレスです。今回はメインのクリソベリルキャッツアイとオパールだけを利用することになりました。

クラシックな味わいが魅力的な石ですので、よりアンティークのような雰囲気に、ミル加工を施したノワイユのモチーフを使ってシードパールの取り巻きのデザインをご提案しました。

 

 

繊細なチェーンと、取り巻きには希少なアコヤ真珠の1.5ミリ以下のパールを使いました。

優しい印象になり、美しい宝石がより引き立って見えます。

とても気にっていただけました。

 

 

 

ゆくゆくはお嬢様に譲っていかれるとのことで、代々伝えられるジュエリーのリフォームに携われてとても光栄でした。

 


 今日もセミオーダーリフォームのご紹介です。

セミオーダーの範囲で世界に一つだけの特別なデザインにリフォームも出来るというご紹介をしようと思います。

今日は出来上がりまでのプロセスも含めてちょっと長めです!ゆっくりご覧くださいね。

 

今回お預かりさせていただいたのは、ボリューム感のあるプラチナ台のダイヤリングと、大きな一粒ダイヤのネックレスです。

 

このリングとネックレスの形をそのまま使って違ったイメージにリフォームさせていただくことになりました。

花がお好きでジェイパールのジャルダンのシリーズも気に入っていただいているお客様ですので、

ジャルダンシリーズの既存のパーツを使って、特別感のあるデザインをご提案させていただくことになりました。

 

こちらが最初のプランです。

元のダイヤのリングとネックレスの土台はそのままにジャルダンのマーガレットの大小のパーツと、

パールを使い、リングやネックレスに合わせてアレンジをしたデザインです。

 

イメージ画と合わせて、マーガレットなどの地金のパーツを仮置きした状態をご覧いただきました。

ジャルダンシリーズは地金の上に手描きで絵付けをしますので、絵付け前はこのような感じです。

この段階も全てメールでのやり取りだけで可能です。

 

マーガレットも気に入っていただきましたが、ご相談の結果、やっぱりバラの花がお好きということで、再度バラモチーフを使ってご提案させていただくことになりました。

いくつかプロセスを辿る中で、ご自分にしっくりくるイメージがはっきりまとまってくるものなので、この段階での練り直しは全く問題ありません。むしろ、一緒に形を作り上げるまでのワクワクする楽しい時間です!

 

こちらがジャルダンのバラの花のモチーフで再提案させていただいたデザインです。

 

 

 

とても気に入っていただきました!

次にバラにつける色を決めました。

ジャルダンのシリーズは全て手描きで絵付けをします。ヴィオラトリコロルの松田が絵付けをしてくれるので、小さなパーツにも驚くほど精緻で多彩な色合いがあり、それがジャルダンシリーズの魅力になっています。

色見本は過去の作品から、選んでいただくことになりますが、今回はこちらのブローチのバラの色を選んでいただきました。

この部分です。

 

こちらがゆっくりと時間をかけて出来上がったリングとネックレスです。

世界に一つだけの素敵なジュエリーになりました。

 

こうして書いていると、やりとりさせていただいた楽しい思い出も蘇り、ちょっと素敵な朝になりました。

今日は店休日ですが、これからお店のバラの水やりに行ってきます!