沢山遊んだよ。
パールの一日 ①
ジャルダンのシリーズに初のイヤリングが出来ました。
ピアスが着けられないスタッフもとても気に入って愛用しています。
着けた感じはピアスのような雰囲気です。カジュアルにも、クラシカルな秋の装いに合わせていただいても素敵だと思います。
来週オンラインショップの方にもアップしますので、是非ご覧下さいね。

ジャルダンイヤリング
ジャルダンイヤリング

代官山店の看板スタッフが着用しているのは、ちょうちょモチーフのイヤリング。
ジャルダンイヤリング

離れて見ると、このぐらいの大きさです。
ジャルダンイヤリングちょうちょ

J Pearl onlineshop へ
昨日発売のアンアンの表紙は中谷美紀さん。
表紙と中の記事のページでジェイパールのペパンネックレスを着けていらっしゃいます。中谷美紀さん、上品で、清楚で、雰囲気が柔らかくて本当に素敵です。
先日、テレビで砂の器にご出演されているのを拝見しましたが、当時の新聞記者の女性をとても魅力的に演じていらっしゃいました。衣装もすごく可愛かったです。元々の繊細な美貌に、内面の美しさがどんどん加わって、奥の深い、力強いオーラを感じます。佇まいは優しくはかなげでも、大地にしっかり根を張っている花のような印象です。見えない努力を重ねていらっしゃるんでしょうね。

ペパンN-01パール着用
anan

JPearlオンラインショップへ
JPearl rakutenshopへ
先日、愛猫のルイちゃんとワタちゃんの写真を掲載したら、何という種類の猫ちゃんですか?とのご質問をお客様からいただきました。ジェイパールのお客様には、動物の好きな方がとても多いので、紹介させていただきますね。
ルイちゃんは2年半前に、もう大人になってから、アトリエにやってきました。
飼い主に捨てられたのか、飼い主が亡くなったのか、どんな事情かわからないのですが、処分場にいたところを救出された悲しい過去のある猫です。
なので、年齢も種類も不詳ですが、おそらく、ノルウエージャンフォレストキャットという猫の種類らしい、と推測されています。
ノルウエージャンフォレストキャットというのは、北欧の神話にも登場するぐらい古い種類で、ずっと長い間ノルウエーの深い森の中に住んでいた猫だそうです。
ルイちゃんが来てから1年ほど経った頃、ルイちゃんにお友達がいた方がいいのかな、と思い始めた矢先のことです。たまたま、何年かぶりに会った友達から、事情があって猫を飼えなくなった知り合いが引き取り手を探している、とのこと。
「スウエーデン何とかかんとかという猫らしいよ!」
迎えに行くと、何とこちらは正真正銘のノルウエージャンフォレストキャットでした。珍しい話もあるものですね。
それが、ワタちゃんです。
この二匹は前世は人間で、恋人だったんじゃないかと思うほど仲良しで、ちょっとジェラシーです。

ルイちゃん。ロン毛のイケメンです。
ルイちゃん

ワタちゃん。羨ましいほど美人です。
ワタちゃん

ついでにパールちゃん。先がお楽しみ。ふわふわになる気満々なので、本人には短毛だということはまだ伝えていません。
パールちゃん
ジェイパールでは、J Pearlとviola tricolor(ヴィオラトリコロル)という二つのブランドをやっています。
J pearlは大好きなパールを中心に、私がデザインをしてアトリエのスタッフや、小さな工房の職人さん達がコツコツ制作をしてくれているのですが、ヴィオラトリコロルは、画家の松田本人が全て、一点づつ手描きで制作しているミニアチュールジュエリーです。
緻密で繊細な比類のない手仕事で、おかげさまで、コレクションしていただく熱いファンの方も多くなりました。
数も沢山は作れませんので、今は、ずっとお世話になっているアガットさんと、ジェイパール代官山でしかご覧いただけません。
私自身も自社ブランドの商品ですが、年に数回、作品がまとまって出来上がるのを心待ちにしている一人です。
昨年末、松田が、こんなプレゼントをしてくれました。
いつもの事ですが、何故か申し訳なさそうな様子で、ドキドキします、と言いながら。
ルイちゃんです。バラの花の香りを嗅いでいます。
viola to lui

箱には夢見るような瞳の手描きのワタちゃん。

viola

温かい優しい思いだけで出来ているヴィオラトリコロルの作品。見ていると、物語の中にいるようで、穏やかで心地よくて、特別な幸福な瞬間で時がとまってしまったかのような気持ちになります。