【セミオーダーリフォームについて】 の記事

今日は天然石を使ったセミオーダーのリフォームのご紹介をしますね。

おばあ様から譲り受けたプラチナ台にダイヤの取り巻きのクリソベリルキャッツアイとオパールのリングです。とても大切にされてきたお品です。

 

遊色効果の美しいオパールです。

クリソベリルキャッツアイもとても素敵ですね。

 

美しい貴重な宝石ですが、日常に活躍するデザインではないとのことで、セミオーダーリフォームのご相談をいただきました。

ご希望は普段にも使いやすいネックレスです。今回はメインのクリソベリルキャッツアイとオパールだけを利用することになりました。

クラシックな味わいが魅力的な石ですので、よりアンティークのような雰囲気に、ミル加工を施したノワイユのモチーフを使ってシードパールの取り巻きのデザインをご提案しました。

 

 

繊細なチェーンと、取り巻きには希少なアコヤ真珠の1.5ミリ以下のパールを使いました。

優しい印象になり、美しい宝石がより引き立って見えます。

とても気にっていただけました。

 

 

 

ゆくゆくはお嬢様に譲っていかれるとのことで、代々伝えられるジュエリーのリフォームに携われてとても光栄でした。

 


 今日もセミオーダーリフォームのご紹介です。

セミオーダーの範囲で世界に一つだけの特別なデザインにリフォームも出来るというご紹介をしようと思います。

今日は出来上がりまでのプロセスも含めてちょっと長めです!ゆっくりご覧くださいね。

 

今回お預かりさせていただいたのは、ボリューム感のあるプラチナ台のダイヤリングと、大きな一粒ダイヤのネックレスです。

 

このリングとネックレスの形をそのまま使って違ったイメージにリフォームさせていただくことになりました。

花がお好きでジェイパールのジャルダンのシリーズも気に入っていただいているお客様ですので、

ジャルダンシリーズの既存のパーツを使って、特別感のあるデザインをご提案させていただくことになりました。

 

こちらが最初のプランです。

元のダイヤのリングとネックレスの土台はそのままにジャルダンのマーガレットの大小のパーツと、

パールを使い、リングやネックレスに合わせてアレンジをしたデザインです。

 

イメージ画と合わせて、マーガレットなどの地金のパーツを仮置きした状態をご覧いただきました。

ジャルダンシリーズは地金の上に手描きで絵付けをしますので、絵付け前はこのような感じです。

この段階も全てメールでのやり取りだけで可能です。

 

マーガレットも気に入っていただきましたが、ご相談の結果、やっぱりバラの花がお好きということで、再度バラモチーフを使ってご提案させていただくことになりました。

いくつかプロセスを辿る中で、ご自分にしっくりくるイメージがはっきりまとまってくるものなので、この段階での練り直しは全く問題ありません。むしろ、一緒に形を作り上げるまでのワクワクする楽しい時間です!

 

こちらがジャルダンのバラの花のモチーフで再提案させていただいたデザインです。

 

 

 

とても気に入っていただきました!

次にバラにつける色を決めました。

ジャルダンのシリーズは全て手描きで絵付けをします。ヴィオラトリコロルの松田が絵付けをしてくれるので、小さなパーツにも驚くほど精緻で多彩な色合いがあり、それがジャルダンシリーズの魅力になっています。

色見本は過去の作品から、選んでいただくことになりますが、今回はこちらのブローチのバラの色を選んでいただきました。

この部分です。

 

こちらがゆっくりと時間をかけて出来上がったリングとネックレスです。

世界に一つだけの素敵なジュエリーになりました。

 

こうして書いていると、やりとりさせていただいた楽しい思い出も蘇り、ちょっと素敵な朝になりました。

今日は店休日ですが、これからお店のバラの水やりに行ってきます!


本日も前回に引き続きダイヤを使ったセミオーダーリフォームのご紹介をさせていただきますね。

お預かりさせていただいたのは、プラチナ台にダイヤのテニスブレスレットと、一粒ダイヤのリングです。

地金もずっしりとして、とても豪華なお品ですが、使用することがあまりないとのことで、セミオーダーリフォームのご相談をいただきました。

 

元のプラチナ台を利用してデザインすることも出来ますが、ご相談の結果、今回はダイヤだけを取り出して利用することになりました。

リングとブレスレットから取り出したブリリアントカットダイヤです。

 

今回はリングへのリフォームをご希望でしたので、ダイヤのサイズに合わせてジェイパールのデザインの中から、お客様にお似合いになりそうなデザインをご提案しました。アンティークの風合いのあるシックで繊細な雰囲気がお好きなお客様です。

 

リングから外した一粒ダイヤはクローデットのデザインでご提案しました。脇石にもテニスブレスレットのダイヤを利用できます。元のデザインはローズカットダイヤを使用していますが、もちろんブリリアントカットダイヤでも素敵になります。

 

ダイヤが沢山あるので、以前から気に入っていただいていたという、ノワイユのフルエタニティリングもご提案させていただきました。

 

こちらが全てお客様のダイヤを使って製作したリング2点です。

2点を一緒に使っていただいても素敵ですし、出っ張りがないので、普段使いにもどんどん使っていただけるリングです。眠っていたダイヤも再び手元で活躍できることを喜んでくれていると思います!

 

メールでのセミオーダーリフォームのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

今月はしばらくセミオーダーリフォームのご紹介を続ける予定ですので、ご興味がございましたら是非ご覧くださいね。


月が替わり、何となく気分も爽やかという本日です。

色々とタイミングを見て紹介したいことなど色々あるのですが、特にタイミングに出会わないまま先延ばしにしてきたことなどを、ちゃんとやりたいな、という気分です。

昨年からジェイパールのオンラインショップでもセミオーダーリフォームのご相談をいただけるようになったので、沢山お問い合わせをいただくようになりました。

(パソコンとスマートフォンのオンラインサイトが連動していないので、今のところPCの画面からのみセミオーダーリフォームのご案内ページをご覧いただけます。スマートフォンからもご覧いただけるよう準備中です。)

ジェイパールのセミオーダーリフォームというのは、お手持ちのジュエリーをジェイパールの既成のデザインのパーツなどを利用して、なるべく費用を抑えつつ、新たに作り替えるというものです。

譲り受けたり、昔に買ったけれどテイストが変わって使わなくなったなど、色々な理由で、眠っているジュエリーのことが気になっている方は多いと思いますが、リフォームは新たなジュエリーを購入する以上に価格が高くなりがちで、手持ちのものがどんなデザインに出来るのかもよくわからないなど、色々お悩みはあるようです。

 

一番多いご相談ですが、お母様から譲り受けたプラチナの立て爪のダイヤリングです。

ちょっと前の代のエンゲージリングの定番ですが、心のこもったとても大切なものですし、ダイヤも上質な美しいものですが、出番がなかなかないと感じる筆頭かもしれません。

シンプルなデザインがお好きで、せっかくリフォームするのだから、活躍できるものにしたいというお話でしたので、シンプルな繊細な爪のノワイユシリーズのネックレスにリフォームさせていただきました。

チェーンは長めで、高級感がありますが、カジュアルなTシャツに合わせても可愛いですし、本当に毎日身に着けていられるデザインです。

 

洗浄すると少し曇っていたダイヤもキラキラになります。

 

余ったリングの腕のプラチナはご返却もしくは、お引き取りをさせていただいております。

明日以降も引き続き、セミオーダーリフォームについてご紹介する予定です!


お母様から譲り受けたというシンプルな真珠のペンダントヘッドをリフォームでお預かりしました。

 

少し楕円の形が微笑ましく、とても輝きの綺麗な愛らしい真珠です。

IMG_0308

 

お客様の誕生石のサファイアとそのカラーに合わせたブルーのアジサイモチーフを添えてこんな風に少しおめかししました。

大きめの真珠なので、これから秋に向かって活躍するよう、チェーンも長めの60㎝です。

IMG_9593

長い時間の流れの中で、世代から世代へと受け継がれていくもの、その大切な橋渡しのお手伝いが少しでもできることは、とても嬉しいことです。

ジュエリーの仕事をしていて良かったと、つくづく感じるこの頃です。