【リフォーム】 の記事

真珠のペンダントヘッドのリフォーム

お母様から譲り受けたというシンプルな真珠のペンダントヘッドをリフォームでお預かりしました。

 

少し楕円の形が微笑ましく、とても輝きの綺麗な愛らしい真珠です。

IMG_0308

 

お客様の誕生石のサファイアとそのカラーに合わせたブルーのアジサイモチーフを添えてこんな風に少しおめかししました。

大きめの真珠なので、これから秋に向かって活躍するよう、チェーンも長めの60㎝です。

IMG_9593

長い時間の流れの中で、世代から世代へと受け継がれていくもの、その大切な橋渡しのお手伝いが少しでもできることは、とても嬉しいことです。

ジュエリーの仕事をしていて良かったと、つくづく感じるこの頃です。


サムシングオールド

最近、じわじわと気持ちが通じているらしく、お客様からお手持ちの眠っている真珠のリフォームを承る機会が増えました。

 何十年も前の、お母様や親戚の方から、譲り受けたものなどですが、大切に使われてきた古い真珠は味わいがあって、新しいものとはまた違った趣がとても素敵だと私は思っています。

豊かな、かけがえのない時間だけが作る、美しい経年変化というものが確かにあると感じます。

 

 叔母様から譲り受けたと、お預かりした状態のネックレス。

IMG_9140

ひとつひとつの珠の形が愛らしいアコヤのセミバロックで、淡いクリームの色が温かみのある真珠です。

このままでも素敵なのですが、長さが短すぎるとのことでしたので、使い回しの出来る一連のロングにすることにしました。お客様のナチュラルな雰囲気に合うよう、ジェイパールのオリジナルのフラワーモチーフで優しい印象の留め具を作りました。

 

柔らかい艶の真珠なので、普段の服装にも合わせやすそうです。

IMG_0314

 

 

ネックレスはバロックの形を活かすオールノットで糸組みしました。

IMG_0318_1

 

ブレスレットにするとボリューム感が素敵です。

IMG_0332

 

 

結婚式で、花嫁が身につけると幸せになれるというサムシング・フォー。

マザーグースの歌が由来だそうです。

         なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、

         なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの。

 

このパールは、サムシングオールドとしてウエディングで手元にご着用いただけるとのことです。

これから豊かで、愛情に満ちた、かけがえのない時間をいつまでも過ごされますように。